このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立中部総合精神保健福祉センター の中の 精神保健福祉研修 の中の 研修開催時の新型コロナウイルス感染症への対策について のページです。

本文ここから

研修開催時の新型コロナウイルス感染症への対策について

研修の開催にあたり、「事業者向け東京都感染拡大防止ガイドライン」に基づき感染対策を行ったうえで実施します。ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします。

【基本的な感染対策の実施】
集合研修における「3密(密閉、密集、密接)」を回避します。
・研修会場の窓や、扉の開放を行い、適宜換気を行います。
・研修会場の最大利用人数を制限します。
・研修会場の席の間隔、受講者同士、講師と受講者との間隔を確保します。

職員及び講師は、検温等健康管理に努め、手洗いを励行します。
職員及び講師は、フェースシールドまたはマスクを着用します。
会場には手指消毒液を用意します。
会場の机、ドアノブ等の消毒を行います。
(会場側の規定がある場合はそれに従います。)

【受講される方へのお願い】
・体調不良(発熱、咳等の風邪症状)の方及び、研修当日より過去14日以内に新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触や、身近な知人の感染が疑われる場合は受講をお控えください。
・手指の消毒、手洗いの励行をお願いします。
・研修施設内ではマスクの着用をお願いします。
・会場内における身体的距離の確保にご協力ください。
・研修会場では、室温の変化に対応できるように衣類の準備をお願いします。
・受講中に体調不良になった場合、速やかにお申し出ください。
・お持ちになったペットボトル等のごみはお持ち帰りいただくようお願いします。
・休憩中等は会話は控えめにしてください。

※新型コロナウイルス感染症の拡大状況、その他諸状況等により研修を中止・変更させていただく場合があります。

※万が一感染者や感染疑いがある者が発生した場合に、保健所等に受講者の情報を提供する場合があります。

お問い合わせ

このページの担当は 中部総合精神保健福祉センター 広報援助課 広報研修担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

精神保健福祉研修

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。