このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

薬物本人グループの案内

OPEN(薬物再乱用防止プログラム)の紹介

東京都立中部総合精神保健福祉センターでは、ご本人向けの再乱用防止プログラムを実施しています。このプログラムでは早期介入を行うことで、依存症への進行を予防することを目的としています。米国で科学的な根拠(エビデンス)を得られている「認知行動療法」と呼ばれる心理教育プログラムをベースとする内容で、グループで実施しています。
薬物問題でお困りの方がいらっしゃいましたら当センターまでご相談ください。
相談することで警察に通報することはありません。

 

OPEN(薬物再乱用防止プログラム)

・プログラムは週1回、約90分間を予定しています。 
・全14セッション(約4か月)を1クールとします。
・プログラムはグループ形式で実施します。
・プログラムの進行は薬物乱用・依存に理解のある当センター職員が行います。
・参加者の動機を高め、プログラムを継続できるような工夫をいたします。
・プログラム修了時に修了証を発行いたします。
 

日時
  毎週木曜日 午後2時から午後3時30分まで
会場
  東京都立中部総合精神保健福祉センター
対象
  ・ 薬物問題でお困りの方
  ・ 都内に在住・在勤・在学している方
  ・ 当センターの事前面接で、グループ療法が適当と判断された方  
費用
  都の事業として実施されるため費用はかかりません。
申込み方法 

まずはお電話でご相談ください。  

面接相談(無料)を行ってからの参加となります。  

電話 03-3302-7430  月曜日から金曜日(祝日を除く)   

午前9時から午後5時まで


OPEN(薬物再乱用防止プログラム) チラシ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 中部総合精神保健福祉センター 広報援助課 相談担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。