このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

ギャンブル本人グループの案内

C-GAP(ギャンブル障害回復支援プログラム)の案内

東京都立中部総合精神保健福祉センターでは、ご本人向けのギャンブル障害回復支援プログラムを令和2年3月より実施します。このプログラムは、ギャンブル障害からの「回復」を促進していくことを目的としています。認知行動療法を基本に、問題解決技法、引き金と渇望への対処法等を学び、自分への理解を深め、新しい生活を考えていきます。

ギャンブル等の問題でお困りの方がいらっしゃいましたら、当センターまでご相談ください。

C-GAP(ギャンブル障害回復支援プログラム)

・プログラムは毎月第2・第4火曜日、約90分間を予定しています。
・全8セッション(約4ヵ月)を1クールとします。
・プログラムはグループ形式で実施します。
・プログラム修了時に、修了証を発行いたします。

日時
  毎月第2・第4火曜日 午後2時から午後3時30分まで
会場
  東京都立中部総合精神保健福祉センター
対象
  ・ギャンブル等の問題を抱える方で、回復を目指したい方
  ・義務教育を修了した都内10区の在住、在学、在勤の方
   (対象区 港、新宿、品川、目黒、大田、世田谷、渋谷、中野、杉並、練馬)
  ・当センターの事前面接でグループ療法が適当と判断された方  
費用
  都の事業として実施されるため費用はかかりません。
申込み方法
  まずはお電話でご相談ください
  面接相談(無料)を行ってからの参加となります。
  電話 03-3302-7430  月曜日から金曜日(祝日を除く) 
  午前9時から午後5時まで

C-GAP(ギャンブル回復支援プログラム)チラシ

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 中部総合精神保健福祉センター 広報援助課 広報研修担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。